医療法人 愛の会 光風園病院は山口県の医療界をリードする、地域包括ケアと回復期リハビリテーションのパイオニアです。

患者の皆様へ

部門紹介

看護部

笑顔と思いやり、学ぶ姿勢を常に忘れず、回復力を最大限に
引き出すお手伝いを。

看護部長 梅﨑 亜希子

患者さんが心から安心し、ご満足いただける医療、ケア、リハビリテーションを提供するために、看護部では看護師やケアワーカーの能力向上に努めています。

より専門性の高い知識や技術の習得をめざして、学会や研修会に積極的に参加。日々変化する社会情勢や医療ニーズにも対応できるよう、院内で行う教育・研修プログラムも充実させています。そしてなにより、患者さんの自己回復力を最大限に引き出せるよう、常に笑顔を忘れず誠意ある対応と、季節の草花や装飾などでの環境づくり、プライバシーの保持人権の尊重を心がけています。

看護部理念

患者の尊厳を重視し、その人らしい当たり前の生活が過ごせるよう支援する。

看護部方針

  • 「良いケアは治療を効果的に進める」という考え方に基づき、次のことを身につけるように努力しています。

    • 観察力・洞察力・判断力・豊かな感性
    • 基本的な看護・介護技術
    • より良い人間関係を築くための技術
    • 予測性に基づいた予防的ケア
    • 緊急時、急変時の迅速な対応
  • ケア全般において、個人の尊厳を保ち、優しさと尊敬の念をもって対応する。
  • 身体的・精神的機能の維持、向上に努め、メリハリのある療養生活が送れるよう支援する。
  • 排泄はできるだけトイレで行えるよう援助し、不可能な場合は、患者の機能レベルに合わせた排泄ケアをQOL、プライバシーを最大限考慮し、段階的に進める。
  • 快適で清潔な環境で療養生活が送れるように、身体的・精神的・社会的に良質な環境(住・生活・人間)を整える。
  • 褥瘡の院内発生を予防し、褥瘡の早期発見・早期治療を徹底する。
  • 緊急やむを得ない場合を除き、身体拘束その他患者の行動を制限する行為は一切行わない。
  • 看護部方針

  • 看護部方針

  • 看護部方針