医療法人 愛の会 光風園病院は山口県の医療界をリードする、地域包括ケアと回復期リハビリテーションのパイオニアです。

患者の皆様へ

部門紹介

リハビリテーション部

リハビリに精通した医師とスタッフによるチーム医療で患者さんの力を引き出します。


リハビリテーション部長
横山 司


写真を拡大する


リハビリテーション紹介
YouTubeサイトで見る

病気やけが、あるいは歳をとって体が不自由になったとき、患者さんやご家族に再び安心して生き生きとした生活を取り戻していただくことが、私たちの役割です。充実した訓練によって体の働きを取り戻すと同時に、日常の生活の中で患者さんお一人おひとりの力を最大限に引き出すためのリハビリテーションを行っています。

当院では特に「チーム医療」を重視しています。リハビリテーションに精通した医師の管理のもと、理学療法士作業療法士言語聴覚士がそれぞれの専門性を発揮し、チーム一丸となってリハビリにあたります。

施設基準
  • 回復期リハビリテーション病棟入院料1
  • 体制強化加算
  • リハビリテーション充実加算

    • 脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
    • 運動器リハビリテーション(Ⅰ)
    • 呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)

リハビリテーションスタッフ

  • 理学療法士

    患者さんがベッドから起き上がり、自分の力で移動できるようになることが目標です。基本的な動作の訓練や歩行訓練を行います。低周波や温熱治療なども専門です。

  • 作業療法士

    食事、更衣、入浴、家事など、日常生活に必要な身のまわりの動作が自分の力でできるようになることが目標です。手の機能訓練や道具を使った訓練を行います。

  • 言語聴覚士

    コミュニケーションが取れるようになることを目標に、聴く、読む、書く、話す訓練を行います。食事が安全に食べられるように、口から食べる訓練も積極的に行っています。

カンファレンス

患者さんに関わるすべての専門職が集まり、オーダーメイドのリハビリプランを作成。

患者さんが抱える病状や問題は、人それぞれ。リハビリテーションにも、その方にあったオーダーメイドのプランとメニューを作る必要があります。そこで光風園病院では、医師・看護師・ケアワーカー・リハビリスタッフ・医療相談員・管理栄養士・薬剤師・歯科衛生士など、多くの専門職がカンファレンス(会議)を行い、患者さんの病状や体の状態、ご要望などを共有しながら、リハビリプランを作成。リハビリが始まった後も定期的に進行状況をチェックしあうなど、力を合わせて患者さんの治療とリハビリテーションにあたっています。

当院で行うリハビリテーション

回復期リハビリテーション

発症早期から集中したリハビリを行っています。
1年365日、絶え間ないリハビリを1日2時間~3時間提供しております。
また、身体機能面の訓練のみならず、ご自宅にスムーズに退院して頂けるよう入院中からご自宅に訪問し、手すりの設置、住宅改修、介助指導なども行っております。

訪問リハビリテーション

ご自宅に退院された後、歩行や日常生活動作など不安を抱いている方々に対して実際のご自宅に伺い、様々な指導・訓練を行います。

外来リハビリテーション

医療機関を退院後も継続的に身体機能の改善や維持が必要な方へリハビリテーション訓練を行います。

通所リハビリテーション

ご自宅から通って来られる方へリハビリテーションなどのサービスを行います。ご自宅での生活に行かせるリハビリテーションを行います。