医療法人 愛の会 光風園病院は山口県の医療界をリードする、地域包括ケアと回復期リハビリテーションのパイオニアです。

新着情報

新型コロナウイルス感染症発生のお知らせ(第1報)

当院の入院患者さん5名ならびに職員5名が新型コロナウイルスに感染している事が判明いたしました事をご報告申し上げます。
患者さん、ご家族、関係機関ならびに地域の皆様には、大変ご心配、ご迷惑をおかけいたしました事を心よりお詫び申し上げます。
保健所のご指導に基づき患者さんの治療および感染拡大防止に全力をあげて取り組んで参ります。何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

                                     2021年1月19日
光風園病院
院長 木下祐介

1.経過

2021年1月17日、当院回復期リハビリテーション病棟に勤務する職員1名が濃厚接触者として検査の結果、PCR検査陽性となり医療機関に入院しました。
当該職員と接触のある患者さん7名および職員7名にPCR検査を実施した結果、2名の患者さんが陽性となりました。患者さんは1月18日に専門医療機関に転院されました。
1月17日に回復期リハビリテーション病棟に入院中の全ての患者さん51名と、同病棟に所属する全ての医師・看護職員・介護職員48名にPCR検査を実施した結果、患者さん3名と職員4名が陽性となりました。患者さんは同日専門医療機関に転院、職員も専門医療機関に入院もしくは自宅待機となりました。

 

2.対応

保健所のご指導に沿って以下の対応をとります。

●制限区域を設け、外部の方には感染リスクの無い職員が対応する等、感染拡大防止対策をとりました。

●1月18日に回復期リハビリテーション病棟に係わる全ての職員にPCR検査を実施しました。

●感染防止対策を徹底するために、1月18日より、回復期リハビリテーション病棟への立ち入りを制限しました。

●1月19日より全職員にPCR検査を実施します。

●1月19日に下関感染対策チーム(SICT)に調査していただき、病院の対応についてご指導いただきます。

●回復期リハビリテーション病棟に入院中の患者さんは濃厚接触者であると判断し1月19日より2月1日の間、健康観察を行います。同病棟に入院中の全ての患者さんに再度PCR検査を実施します。

●上記の期間は、回復期リハビリテーション病棟の入退院を中止します。

●上記の期間に回復期リハビリテーション病棟からご自宅に退院をご希望される場合は、再PCR検査を行い陰性であれば、諸注意をお伝えした上で退院可能です。

●保健所の許可が出るまで光風園病院への入退院、介護医療院もみじ・さくら寮の入退所を中止します。

●法人全体の状況がはっきりするまでの間、入院患者さんへのリハビリテーション、通所サービス、訪問看護を全て中止します。

●新型コロナウイルス対策プロジェクトを中心に、保健所のご指導に沿って感染対策を徹底します。


今後の状況については、ホームページにて随時お知らせいたします。

一覧へ戻る